【ギリシア語】マタイによる福音書第16章【口語発音表記】

マタイによる福音書 第16章
The Gospel According to Matthew Chapter Sixteen
Το Kατά Ματθαίον Ευαγγέλιον Κεφάλαιο Δεκαέξι

(ギリシア語 口語強弱ストレス式発音表記)
(Greek colloquial stress phonetic notation)
(Ελληνική καθομιλουμένη δύναμη φωνητική σημειογραφία)

Mt.16:01.〈練語版〉 パリサイ人たちとサドカイ人たちが近づいてきて、ためすために天からのしるしを彼らに見せるようにと彼に尋ねた。
Mt.16:01.〈逐語版〉 そして、ためしている、パリサイ派の者たちが、そして、サドカイ派の者たちが、近づくことになっていて、かのパリサイ派の者らたちに天の中から外へしるしサインを提示することになっていることを、かのイエスを尋ねることになっていた。
Mt.16:01.〈Improved〉 And, approaching, the Pharisees and Sadducess, trying him, asked him to show them a sign from heaven.
Mt.16:01.〈Ελληνική〉 Καὶ προσελθόντες οἱ Φαρισαῖοι καὶ Σαδδουκαῖοι πειράζοντες ἐπηρώτησαν αὐτὸν σημεῖον ἐκ τοῦ οὐρανοῦ ἐπιδεῖξαι αὐτοῖς.

   Καὶ προσελθόντες
【       
  [  ke   proselθondes  ]
   οἱ Φαρισαῖοι
【       
  [  i   farisei  ]
   καὶ Σαδδουκαῖοι
【       
  [  ke   saðukei  ]
   πειράζοντες
【    
  [  pirazondes  ]
   ἐπηρώτησαν αὐτὸν
【  ンヌ   ンヌ  
  [  epirotisan   afton  ]
   σημεῖον ἐκ τοῦ οὐρανοῦ
【  ンヌ           
  [  simion   ek   tu   uranu  ]
   ἐπιδεῖξαι αὐτοῖς.
【       
  [  epiðikse   aftis  ]

Mt.16:02.〈練語版〉 彼は答えて彼らに言った。「あなたがたは夕方になると、『天々が赤いだから、晴だ』と言う。
Mt.16:02.〈逐語版〉 その上で、答えさせられることになっている、かのイエスは、かのパリサイ派の者らたちに言うことになっていた。「夕方が自分自身でわざわざ起こることになっていて、あなたがたは言っています。『良い天気です。天が赤く燃えているのですから。』
Mt.16:02.〈Improved〉 But, answering, he said to them, “At the coming on of evening you say, ‘It will be fair weather, for the heaven is red,’
Mt.16:02.〈Ελληνική〉 ὁ δὲ ἀποκριθεὶς εἶπεν αὐτοῖς• Ὀψίας γενομένης λέγετε• Εὐδία, πυρράζει γὰρ ὁ οὐρανός•

   ὁ δὲ ἀποκριθεὶς εἶπεν αὐτοῖς •
【           ンヌ     
  [  o   ðe   apokriθis   ipen   aftis  ]
   Ὀψίας γενομένης
【       
  [  opsias   ʝenomenis  ]
   λέγετε •
【    
  [  leʝete  ]
   Εὐδία,
【    
  [  evðia  ]
   πυρράζει γὰρ ὁ οὐρανός •
【     ウル        
  [  pirazi   ɣar   o   uranos  ]

Mt.16:03.〈練語版〉 朝には『天々が赤く曇っているので、今日は荒れだ』と言う。あなたがたは天々の模様を見分けることを知っているのに、時節のしるしを見分けることができないのか。
Mt.16:03.〈逐語版〉 そして、朝に。『今日は荒天です。曇っている天が赤く燃えているのですから。』実際、天の顔を見分けることをあなたがたは知っています。その上で、時節時節のしるしサインしるしサインを見分けることをあなたがたはわざわざできさせられません。
Mt.16:03.〈Improved〉 And in the morning, ‘Today will be a storm, for the heaven is red and darkening.’ You know how to discern the face of the heaven, but the signs of the seasons you are not able.
Mt.16:03.〈Ελληνική〉 καὶ πρωΐ• Σήμερον χειμών, πυρράζει γὰρ στυγνάζων ὁ οὐρανός. τὸ μὲν πρόσωπον τοῦ οὐρανοῦ γινώσκετε διακρίνειν, τὰ δὲ σημεῖα τῶν καιρῶν οὐ δύνασθε.

   καὶ πρωΐ •
【       
  [  ke   proi  ]
   Σήμερον χειμών,
【  ンヌ   ンヌ  
  [  simeron   çimon  ]
   πυρράζει γὰρ στυγνάζων ὁ οὐρανός.
【     ウル   ンヌ        
  [  pirazi   ɣar   stiɣnazon   o   uranos  ]
   τὸ μὲν
【     ンヌ  
  [  to   men  ]
   πρόσωπον τοῦ οὐρανοῦ
【  ンヌ        
  [  prosopon   tu   uranu  ]
   γινώσκετε
【    
  [  ʝinoskete  ]
   διακρίνειν,
【  ンヌ  
  [  ðiakrinin  ]
   τὰ δὲ σημεῖα τῶν καιρῶν
【           ンヌ   ンヌ  
  [  ta   ðe   simia   ton   keron  ]
   οὐ δύνασθε.
【       
  [  u   ðinasθe  ]

Mt.16:04.〈練語版〉 邪悪な、姦淫の世代はしるしを求めるが、この世代にヨナのしるしのほかには何のしるしも与えられない」。そして彼は彼らを残して去って行った。
Mt.16:04.〈逐語版〉 邪悪な世代が、そして、不誠実者が、しるしサインを探し求めています。そして、かの世代にしるしサインが与えられないこととします。もしもヨナのしるしサインが与えられることとしないのであるのならば。」そして、かのパリサイ派の者らたちを残し去ることになっている、かのイエスは、おもてへ移動することになっていた。
Mt.16:04.〈Improved〉 A wicked and adulteress generation seeks for a sign, and a sign will not be given to it except the sign of Jonah.” And leaving them, he went away.
Mt.16:04.〈Ελληνική〉 Γενεὰ πονηρὰ καὶ μοιχαλὶς σημεῖον ἐπιζητεῖ, καὶ σημεῖον οὐ δοθήσεται αὐτῇ εἰ μὴ τὸ σημεῖον Ἰωνᾶ. καὶ καταλιπὼν αὐτοὺς ἀπῆλθεν.

   Γενεὰ πονηρὰ
【       
  [  ʝenea   ponira  ]
   καὶ μοιχαλὶς
【       
  [  ke   mixalis  ]
   σημεῖον ἐπιζητεῖ,
【  ンヌ     
  [  simion   epiziti  ]
   καὶ σημεῖον οὐ δοθήσεται αὐτῇ
【     ンヌ           
  [  ke   simion   u   ðoθisete   afti  ]
   εἰ μὴ τὸ σημεῖον Ἰωνᾶ.
【           ンヌ     
  [  i   mi   to   simion   iona  ]
   καὶ καταλιπὼν αὐτοὺς ἀπῆλθεν.
【     ンヌ      ンヌ  
  [  ke   katalipon   aftus   apilθen  ]

Mt.16:05.〈練語版〉 弟子たちは向こう側に来たが、パンを持って来るのを忘れた。
Mt.16:05.〈逐語版〉 そして、向かい側の中へ来ることになっている、学習弟子たちは、パンたちを手に入れることになっていることを、自分自身でわざわざ忘れることになっていた。
Mt.16:05.〈Improved〉 And the disciples coming to the other side, forgot to take bread.
Mt.16:05.〈Ελληνική〉 Καὶ ἐλθόντες οἱ μαθηταὶ εἰς τὸ πέραν ἐπελάθοντο ἄρτους λαβεῖν.

   Καὶ ἐλθόντες οἱ μαθηταὶ εἰς τὸ πέραν
【                    ンヌ  
  [  ke   elθondes   i   maθite   is   to   peran  ]
   ἐπελάθοντο ἄρτους λαβεῖν.
【     ウル   ンヌ  
  [  epelaθondo   artus   lavin  ]

Mt.16:06.〈練語版〉 イエスは彼らに言った。「パリサイ人とサドカイ人とのパン種に注意して、気をつけなさい」。
Mt.16:06.〈逐語版〉 その上で、かの学習弟子たちにイエスは言うことになっていた。「あなたがたが見えなさい。そして、パリサイ派の人の、そして、サドカイ派の人の、パン種からあなたがたが気をつけなさい。」
Mt.16:06.〈Improved〉 But Jesus said to them, “See and take heed of the leaven of the Pharisees and Sadducees!”
Mt.16:06.〈Ελληνική〉 ὁ δὲ Ἰησοῦς εἶπεν αὐτοῖς• Ὁρᾶτε καὶ προσέχετε ἀπὸ τῆς ζύμης τῶν Φαρισαίων καὶ Σαδδουκαίων.

   ὁ δὲ Ἰησοῦς εἶπεν αὐτοῖς •
【           ンヌ     
  [  o   ðe   iisus   ipen   aftis  ]
   Ὁρᾶτε
【    
  [  orate  ]
   καὶ προσέχετε
【       
  [  ke   proseçete  ]
   ἀπὸ τῆς ζύμης τῶν
【           ンヌ  
  [  apo   tis   zimis   ton  ]
   Φαρισαίων
【  ンヌ  
  [  fariseon  ]
   καὶ Σαδδουκαίων.
【     ンヌ  
  [  ke   saðukeon  ]

Mt.16:07.〈練語版〉 彼らは互いに論じ合って言った。「わたしたちがパンを持って来なかったからだ」。
Mt.16:07.〈逐語版〉 その上で、自分たちの中で、かの学習弟子たちはわざわざ論じ合わさせられだした。言っている、「わたしたちはパンたちを手に入れていないことになっています。」と。
Mt.16:07.〈Improved〉 But they reasoned among themselves, saying, “It is because we did not take bread.”
Mt.16:07.〈Ελληνική〉 οἱ δὲ διελογίζοντο ἐν ἑαυτοῖς λέγοντες ὅτι Ἄρτους οὐκ ἐλάβομεν.

   οἱ δὲ διελογίζοντο ἐν ἑαυτοῖς
【           ンヌ     
  [  i   ðe   ðieloʝizondo   en   eaftis  ]
   λέγοντες
【    
  [  leɣondes  ]
   ὅτι Ἄρτους οὐκ ἐλάβομεν.
【     ウル      ンヌ  
  [  oti   artus   uk   elavomen  ]

Mt.16:08.〈練語版〉 イエスはそれと知って言った。「パンを持っていないことで、なぜあなたがたは互いに論じ合っているのか、信仰の小さい者たちよ
Mt.16:08.〈逐語版〉 その上で、知っていることになっているイエスは、言うことになっていた。「自分たちの中であなたがたは何かをわざわざ論じ合わさせられています。信じている事の小さい者たちよ。あなたがたはパンたちを持っていません。と。
Mt.16:08.〈Improved〉 But knowing it, Jesus said, “Why are you reasoning among yourselves, you of little faith, because you did not take bread?
Mt.16:08.〈Ελληνική〉 γνοὺς δὲ ὁ Ἰησοῦς εἶπεν• Τί διαλογίζεσθε ἐν ἑαυτοῖς, ὀλιγόπιστοι, ὅτι ἄρτους οὐκ ἐλάβετε;

   γνοὺς δὲ ὁ Ἰησοῦς εἶπεν •
【              ンヌ  
  [  ɣnus   ðe   o   iisus   ipen  ]
   Τί διαλογίζεσθε ἐν ἑαυτοῖς,
【        ンヌ     
  [  ti   ðialoʝizesθe   en   eaftis  ]
   ὀλιγόπιστοι,
【    
  [  oliɣopisti  ]
   ὅτι ἄρτους οὐκ ἐλάβετε;
【     ウル        
  [  oti   artus   uk   elavete  ]

Mt.16:09.〈練語版〉 まだわからないのか。覚えていないのか。五千人の五つのパン、そしてあなたがたが幾つのかごに拾ったかを。
Mt.16:09.〈逐語版〉 あなたがたはまだ心鍛えていないのですか。その上で、あなたがたはまだ記憶していないのですか。五千人の五つのパンたちを。そして、どれくらい多くの枝かごたちをあなたがたは手に入れることになっているのですか。
Mt.16:09.〈Improved〉 Do you not yet understand, neither remember the five loaves of bread of the five thousand and how many baskets you got?
Mt.16:09.〈Ελληνική〉 οὔπω νοεῖτε, οὐδὲ μνημονεύετε τοὺς πέντε ἄρτους τῶν πεντακισχιλίων καὶ πόσους κοφίνους ἐλάβετε;

   οὔπω νοεῖτε,
【       
  [  upo   noite  ]
   οὐδὲ μνημονεύετε
【       
  [  uðe   mnimonevete  ]
   τοὺς πέντε ἄρτους
【        ウル  
  [  tus   pende   artus  ]
   τῶν πεντακισχιλίων
【  ンヌ   ンヌ  
  [  ton   pendakisçilion  ]
   καὶ πόσους κοφίνους ἐλάβετε;
【             
  [  ke   posus   kofinus   elavete  ]

Mt.16:10.〈練語版〉 また、四千人の七つのパン、そしてあなたがたが幾つのかごに拾ったかを。
Mt.16:10.〈逐語版〉 その上で、あなたがたはまだ記憶していないのですか。四千人の七つのパンたちを。そして、どれくらい多くの草かごたちをあなたがたは手に入れることになっているのですか。
Mt.16:10.〈Improved〉 Neither the seven loaves of the four thousand and how many large baskets you got?
Mt.16:10.〈Ελληνική〉 οὐδὲ τοὺς ἑπτὰ ἄρτους τῶν τετρακισχιλίων καὶ πόσας σπυρίδας ἐλάβετε;

   οὐδὲ
【    
  [  uðe  ]
   τοὺς ἑπτὰ ἄρτους
【        ウル  
  [  tus   epta   artus  ]
   τῶν τετρακισχιλίων
【  ンヌ   ンヌ  
  [  ton   tetrakisçilion  ]
   καὶ πόσας σπυρίδας ἐλάβετε;
【             
  [  ke   posas   spiriðas   elavete  ]

Mt.16:11.〈練語版〉 あなたがたにパンについて言ったのではないことが、どうして分からないのか。ただ、パリサイ人たちとサドカイ人たちのパン種に気をつけなさい」。
Mt.16:11.〈逐語版〉 どれくらいあなたがたは心鍛えていないのですか。なぜなら、パンたちについて、あなたがたにわたしは言わないことになっているからです。その上で、パリサイ派の人の、そして、サドカイ派の人の、パン種からあなたがたが気をつけなさい。」
Mt.16:11.〈Improved〉 How do you not understand that I did not speak to you concerning bread? But take heed of the leaven of the Pharisees and Sadducees.”
Mt.16:11.〈Ελληνική〉 πῶς οὐ νοεῖτε ὅτι οὐ περὶ ἄρτων εἶπον ὑμῖν; προσέχετε δὲ ἀπὸ τῆς ζύμης τῶν Φαρισαίων καὶ Σαδδουκαίων.

   πῶς οὐ νοεῖτε
【          
  [  pos   u   noite  ]
   ὅτι οὐ περὶ ἄρτων εἶπον ὑμῖν;
【           ウルンヌ   ンヌ   ンヌ  
  [  oti   u   peri   arton   ipon   imin  ]
   προσέχετε δὲ ἀπὸ τῆς ζύμης
【                
  [  proseçete   ðe   apo   tis   zimis  ]
   τῶν Φαρισαίων
【  ンヌ   ンヌ  
  [  ton   fariseon  ]
   καὶ Σαδδουκαίων.
【     ンヌ  
  [  ke   saðukeon  ]

Mt.16:12.〈練語版〉 その時、彼らは、彼が気をつけるように言ったのは、パンのパン種のことではなく、パリサイ人たちとサドカイ人たちの教えのことだと理解した。
Mt.16:12.〈逐語版〉 そのとき、かの学習弟子たちは理解することになっていた。パンたちの、パン種から、気をつけることを、かのイエスは言っていないことになっていたのである。と。逆に、パリサイ派の者たちの、そして、サドカイ派の者たちの、教えから、気をつけることを、かのイエスが言っていることになっていたのである。と。
Mt.16:12.〈Improved〉 Then they understood that he did not say to take heed of the leaven of bread, but of the teaching of the Pharisees and Sadducees.
Mt.16:12.〈Ελληνική〉 τότε συνῆκαν ὅτι οὐκ εἶπεν προσέχειν ἀπὸ τῆς ζύμης τῶν ἄρτων ἀλλὰ ἀπὸ τῆς διδαχῆς τῶν Φαρισαίων καὶ Σαδδουκαίων.

   τότε συνῆκαν ὅτι
【     ンヌ     
  [  tote   sinikan   oti  ]
   οὐκ εἶπεν προσέχειν
【     ンヌ   ンヌ  
  [  uk   ipen   proseçin  ]
   ἀπὸ τῆς ζύμης τῶν ἄρτων
【           ンヌ   ウルンヌ  
  [  apo   tis   zimis   ton   arton  ]
   ἀλλὰ ἀπὸ τῆς διδαχῆς
【             
  [  ala   apo   tis   ðiðaçis  ]
   τῶν Φαρισαίων
【  ンヌ   ンヌ  
  [  ton   fariseon  ]
   καὶ Σαδδουκαίων.
【     ンヌ  
  [  ke   saðukeon  ]

Mt.16:13.〈練語版〉 イエスはピリポ・カイザリヤの地方に来たとき、自分の弟子たちに尋ねて言った。「人々は人の息子を誰と言っているか」。
Mt.16:13.〈逐語版〉 その上で、ピリポのカイザリヤの地方地方の中へ来ることになっているイエスは、かのイエスの学習弟子たちを尋ねだした。言っている、「人間たちは、誰かを、人間の息子であることを、言っています。
Mt.16:13.〈Improved〉 But Jesus, coming into the parts of Caesarea Philippi, asked his disciples, saying, “Who do people say that the Son of Man is?”
Mt.16:13.〈Ελληνική〉 Ἐλθὼν δὲ ὁ Ἰησοῦς εἰς τὰ μέρη Καισαρείας τῆς Φιλίππου ἠρώτα τοὺς μαθητὰς αὐτοῦ λέγων• Τίνα λέγουσιν οἱ ἄνθρωποι εἶναι τὸν υἱὸν τοῦ ἀνθρώπου;

   Ἐλθὼν δὲ ὁ Ἰησοῦς
【  ンヌ           
  [  elθon   ðe   o   iisus  ]
   εἰς τὰ μέρη Καισαρείας τῆς Φιλίππου
【                   
  [  is   ta   meri   kesarias   tis   filipu  ]
   ἠρώτα τοὺς μαθητὰς αὐτοῦ
【             
  [  irota   tus   maθitas   aftu  ]
   λέγων •
【  ンヌ  
  [  leɣon  ]
   Τίνα λέγουσιν οἱ ἄνθρωποι
【     ンヌ        
  [  tina   leɣusin   i   anθropi  ]
   εἶναι τὸν υἱὸν τοῦ ἀνθρώπου;
【     ンヌ   ンヌ        
  [  ine   ton   ion   tu   anθropu  ]

Mt.16:14.〈練語版〉 彼らは言った。「ある者たちはバプテストのヨハネ、ほかの者たちはエリヤ、またほかの者たちはエレミヤか預言者たちの一人だと言っています」。
Mt.16:14.〈逐語版〉 その上で、かの人間たちは、実際、染浸漬沁バプテスマ者ヨハネを、言うことになっています。その上で、ほかの者たちは、エリヤを、言うことになっています。その上で、別の者たちは、エレミヤを、あるいは、予断言者たちの一人を、言うことになっています。」
Mt.16:14.〈Improved〉 But they said, “These ones say John the Baptist, yet others Elijah, yet different ones Jeremiah or one of the prophets.”
Mt.16:14.〈Ελληνική〉 οἱ δὲ εἶπαν• Οἱ μὲν Ἰωάννην τὸν βαπτιστήν, ἄλλοι δὲ Ἠλίαν, ἕτεροι δὲ Ἰερεμίαν ἢ ἕνα τῶν προφητῶν.

   οἱ δὲ εἶπαν •
【        ンヌ  
  [  i   ðe   ipan  ]
   Οἱ μὲν Ἰωάννην τὸν βαπτιστήν,
【     ンヌ   ンヌ   ンヌ   ンヌ  
  [  i   men   ioanin   ton   vaptistin  ]
   ἄλλοι δὲ Ἠλίαν,
【        ンヌ  
  [  ali   ðe   ilian  ]
   ἕτεροι δὲ Ἰερεμίαν
【        ンヌ  
  [  eteri   ðe   ieremian  ]
   ἢ ἕνα τῶν προφητῶν.
【        ンヌ   ンヌ  
  [  i   ena   ton   profiton  ]

Mt.16:15.〈練語版〉 彼は彼らに言った。「だが、あなたがたはわたしを誰だと言うのか」。
Mt.16:15.〈逐語版〉 かのイエスは、かの学習弟子たちに言っている。「その上で、あなたがたは、わたしを、誰かであることを、言っています。」
Mt.16:15.〈Improved〉 He says to them, “But you, who do you say that I am?”
Mt.16:15.〈Ελληνική〉 λέγει αὐτοῖς• Ὑμεῖς δὲ τίνα με λέγετε εἶναι;

   λέγει αὐτοῖς •
【       
  [  leʝi   aftis  ]
   Ὑμεῖς δὲ τίνα με λέγετε εἶναι;
【                   
  [  imis   ðe   tina   me   leʝete   ine  ]

Mt.16:16.〈練語版〉 シモン・ペテロが答えて言った。「あなたはキリスト、生ける神の息子です」。
Mt.16:16.〈逐語版〉 その上で、答えさせられることになっていたシモン・ペテロが言うことになっていた。「あなたがキリストであるのです。生きている神の、息子があなたであるのです。」
Mt.16:16.〈Improved〉 But, answering, Simon Peter said, “You are the Christ, the Son of the living God.”
Mt.16:16.〈Ελληνική〉 ἀποκριθεὶς δὲ Σίμων Πέτρος εἶπεν• Σὺ εἶ ὁ χριστὸς ὁ υἱὸς τοῦ θεοῦ τοῦ ζῶντος.

   ἀποκριθεὶς δὲ Σίμων Πέτρος εἶπεν •
【        ンヌ      ンヌ  
  [  apokriθis   ðe   simon   petros   ipen  ]
   Σὺ εἶ ὁ χριστὸς
【             
  [  si   i   o   xristos  ]
   ὁ υἱὸς τοῦ θεοῦ τοῦ ζῶντος.
【                   
  [  o   ios   tu   θeu   tu   zondos  ]

Mt.16:17.〈練語版〉 イエスは答えて彼に言った。「シモン・バルヨナ、あなたは幸いです。あなたに啓示したのは、肉と血ではなく、天々にいるわたしの父だからです。
Mt.16:17.〈逐語版〉 その上で、答えさせられることになっていたイエスは、かのシモン・ペテロに言うことになっていた。「あなたは幸せであるのです。シモンよ。ヨナの息子よ。なぜなら、肉が、そして、血が、あなたに秘密のベールをあらわにしないことになっているからです。逆に、天々の中での、わたしの御父が、あなたに秘密のベールをあらわにすることになっているからです。
Mt.16:17.〈Improved〉 But, answering, Jesus said to him, “Happy are you, Simon Bar-Jonah, because flesh and blood did not reveal it to you, but my Father who is in the heavens.
Mt.16:17.〈Ελληνική〉 ἀποκριθεὶς δὲ ὁ Ἰησοῦς εἶπεν αὐτῷ• Μακάριος εἶ, Σίμων Βαριωνᾶ, ὅτι σὰρξ καὶ αἷμα οὐκ ἀπεκάλυψέν σοι ἀλλʼ ὁ πατήρ μου ὁ ἐν τοῖς οὐρανοῖς•

   ἀποκριθεὶς δὲ ὁ Ἰησοῦς εἶπεν αὐτῷ •
【              ンヌ     
  [  apokriθis   ðe   o   iisus   ipen   afto  ]
   Μακάριος εἶ,
【       
  [  makarios   i  ]
   Σίμων Βαριωνᾶ,
【  ンヌ     
  [  simon   variona  ]
   ὅτι σὰρξ
【     ウル  
  [  oti   sarks  ]
   καὶ αἷμα
【       
  [  ke   ema  ]
   οὐκ ἀπεκάλυψέν σοι
【     ンヌ     
  [  uk   apekalipsen   si  ]
   ἀλλʼ ὁ πατήρ μου ὁ ἐν τοῖς οὐρανοῖς •
【        ウル         ンヌ        
  [  al   o   patir   mu   o   en   tis   uranis  ]

Mt.16:18.〈練語版〉 わたしもあなたに言う。あなたはペテロです。わたしはこの岩の上にわたしの集会を建てる。墓の領域の門もそれに打ち勝たない。
Mt.16:18.〈逐語版〉 その上で、わたしもがあなたに言います。なぜなら、あなたは岩盤ペテロであるからです。そして、この岩盤の上で、わたしの集会エクレシアをわたしは建てることとします。そして、不見取冥界ハデスの門々が、かの集会エクレシアに打ち勝たないこととします。
Mt.16:18.〈Improved〉 But I also say to you that you are Peter, and on this rock I will build my called-out community, and the gates of the realm of the grave will not prevail against it.
Mt.16:18.〈Ελληνική〉 κἀγὼ δέ σοι λέγω ὅτι σὺ εἶ Πέτρος, καὶ ἐπὶ ταύτῃ τῇ πέτρᾳ οἰκοδομήσω μου τὴν ἐκκλησίαν, καὶ πύλαι ᾅδου οὐ κατισχύσουσιν αὐτῆς•

   κἀγὼ δέ σοι λέγω
【             
  [  kaɣo   ðe   si   leɣo  ]
   ὅτι σὺ εἶ Πέτρος,
【             
  [  oti   si   i   petros  ]
   καὶ ἐπὶ ταύτῃ τῇ πέτρᾳ
【                
  [  ke   epi   tafti   ti   petra  ]
   οἰκοδομήσω μου τὴν ἐκκλησίαν,
【        ンヌ   ンヌ  
  [  ikoðomiso   mu   tin   eklisian  ]
   καὶ πύλαι ᾅδου
【          
  [  ke   pile   aðu  ]
   οὐ κατισχύσουσιν αὐτῆς •
【     ンヌ     
  [  u   katisçisusin   aftis  ]

Mt.16:19.〈練語版〉 わたしは、あなたに天々の王国の鍵束を与えよう。そして、縛るものは天々でも縛られ、あなたが地上で解くものは天々でも解かれるだろう」。
Mt.16:19.〈逐語版〉 天々の王国の鍵々をあなたにわたしは与えることとします。そして、もしも一度でも、かの事を地の上であなたが縛ろうとすることになっているのならば、縛られているままでずっといることが天々の中であることとします。そして、もしも一度でも、かの事を地の上であなたがほどこうとすることになっているのならば、ほどかれているままでずっといることが天々の中であることとします。」
Mt.16:19.〈Improved〉 I will give to you the keys of the kingdom of the heavens, and whatever you should bind on the earth will be bound in the heavens, and whatever you should loose on the earth will be loosed in the heavens.
Mt.16:19.〈Ελληνική〉 δώσω σοι τὰς κλεῖδας τῆς βασιλείας τῶν οὐρανῶν, καὶ ὃ ἐὰν δήσῃς ἐπὶ τῆς γῆς ἔσται δεδεμένον ἐν τοῖς οὐρανοῖς, καὶ ὃ ἐὰν λύσῃς ἐπὶ τῆς γῆς ἔσται λελυμένον ἐν τοῖς οὐρανοῖς.

   δώσω σοι
【       
  [  ðoso   si  ]
   τὰς κλεῖδας
【       
  [  tas   kliðas  ]
   τῆς βασιλείας τῶν οὐρανῶν,
【        ンヌ   ンヌ  
  [  tis   vasilias   ton   uranon  ]
   καὶ ὃ ἐὰν δήσῃς ἐπὶ τῆς γῆς
【        ンヌ              
  [  ke   o   ean   ðisis   epi   tis   ʝis  ]
   ἔσται δεδεμένον ἐν τοῖς οὐρανοῖς,
【     ンヌ   ンヌ        
  [  este   ðeðemenon   en   tis   uranis  ]
   καὶ ὃ ἐὰν λύσῃς ἐπὶ τῆς γῆς
【        ンヌ              
  [  ke   o   ean   lisis   epi   tis   ʝis  ]
   ἔσται λελυμένον ἐν τοῖς οὐρανοῖς.
【     ンヌ   ンヌ        
  [  este   lelimenon   en   tis   uranis  ]

Mt.16:20.〈練語版〉 その時、彼は、自分がキリストであることを誰にも言ってはいけないと、弟子たちに命じた。
Mt.16:20.〈逐語版〉 そのとき、学習弟子たちに、かのイエスは自分自身でわざわざ命じることになっていた。かの学習弟子たちは一人の者にも言おうとしないことになっている。と。かのイエスがキリストである。と。
Mt.16:20.〈Improved〉 Then he commanded his disciples that they should tell no one that he is the Christ.
Mt.16:20.〈Ελληνική〉 τότε διεστείλατο τοῖς μαθηταῖς ἵνα μηδενὶ εἴπωσιν ὅτι αὐτός ἐστιν ὁ χριστός.

   τότε διεστείλατο τοῖς μαθηταῖς
【             
  [  tote   ðiestilato   tis   maθites  ]
   ἵνα μηδενὶ εἴπωσιν
【        ンヌ  
  [  ina   miðeni   iposin  ]
   ὅτι αὐτός ἐστιν ὁ χριστός.
【        ンヌ        
  [  oti   aftos   estin   o   xristos  ]

Mt.16:21.〈練語版〉 この時から、イエスは、自分がエルサレムに行き、長老たち、祭司長たち、書記官たちから多くの苦しみを受け、かつ殺され、そして三日目に起こされなければならないことを自分の弟子たちに示し始めた。
Mt.16:21.〈逐語版〉 そのときから、かのイエスの学習弟子たちに見せることを、イエスは自分自身でわざわざ始めることになっていた。かのお方がするべきである。と。かのイエスがエルサレムの中へおもてへ移動することになっていることを。長老たちから、そして、祭司長たちから、そして、記す者たちから、かのイエスがたくさん苦しむことになっていることを。そして、かのイエスが殺されることになっていることを。そして、かのイエスが三日目に目覚めさせられることになっていることを。
Mt.16:21.〈Improved〉 From then Jesus began to show his disciples that it is necessary for him to go away into Jerusalem and to suffer many things from the elders and chief priests and scribes, and to be killed, and be raised on the third day.
Mt.16:21.〈Ελληνική〉 Ἀπὸ τότε ἤρξατο ὁ Ἰησοῦς δεικνύειν τοῖς μαθηταῖς αὐτοῦ ὅτι δεῖ αὐτὸν εἰς Ἱεροσόλυμα ἀπελθεῖν καὶ πολλὰ παθεῖν ἀπὸ τῶν πρεσβυτέρων καὶ ἀρχιερέων καὶ γραμματέων καὶ ἀποκτανθῆναι καὶ τῇ τρίτῃ ἡμέρᾳ ἐγερθῆναι.

   Ἀπὸ τότε
【       
  [  apo   tote  ]
   ἤρξατο ὁ Ἰησοῦς
【  ウル        
  [  irksato   o   iisus  ]
   δεικνύειν τοῖς μαθηταῖς αὐτοῦ
【  ンヌ           
  [  ðikniin   tis   maθites   aftu  ]
   ὅτι δεῖ
【       
  [  oti   ði  ]
   αὐτὸν εἰς Ἱεροσόλυμα ἀπελθεῖν
【  ンヌ         ンヌ  
  [  afton   is   ierosolima   apelθin  ]
   καὶ πολλὰ παθεῖν
【        ンヌ  
  [  ke   pola   paθin  ]
   ἀπὸ τῶν πρεσβυτέρων
【     ンヌ   ンヌ  
  [  apo   ton   prezviteron  ]
   καὶ ἀρχιερέων
【     ウルンヌ  
  [  ke   arçiereon  ]
   καὶ γραμματέων
【     ンヌ  
  [  ke   ɣramateon  ]
   καὶ ἀποκτανθῆναι
【       
  [  ke   apoktanθine  ]
   καὶ τῇ τρίτῃ ἡμέρᾳ ἐγερθῆναι.
【              ウル  
  [  ke   ti   triti   imera   eʝerθine  ]

Mt.16:22.〈練語版〉 すると、ペテロは彼をわきに連れて行き、彼をしかり始めて言った。「あなたの上にあわれみがありますように、主よ。あなたには決してそのようにならないでしょう」。
Mt.16:22.〈逐語版〉 そして、かのイエスを自分自身でわざわざ連れて行くことになっていたペテロは、かのイエスに非難することを、自分自身でわざわざ始めることになっていた。言っている、「あなたにあわれみほどこしあり。主よ。あなたにこのことがあることに絶対になっていません。」
Mt.16:22.〈Improved〉 And taking him, Peter began to rebuke him, saying, “Mercy be to you, Lord. By no means will this be to you.”
Mt.16:22.〈Ελληνική〉 καὶ προσλαβόμενος αὐτὸν ὁ Πέτρος ἤρξατο ἐπιτιμᾶν αὐτῷ λέγων• Ἵλεώς σοι, κύριε• οὐ μὴ ἔσται σοι τοῦτο.

   καὶ προσλαβόμενος αὐτὸν ὁ Πέτρος
【        ンヌ        
  [  ke   prozlavomenos   afton   o   petros  ]
   ἤρξατο ἐπιτιμᾶν αὐτῷ
【  ウル   ンヌ     
  [  irksato   epitiman   afto  ]
   λέγων •
【  ンヌ  
  [  leɣon  ]
   Ἵλεώς σοι,
【       
  [  ileos   si  ]
   κύριε •
【    
  [  kirie  ]
   οὐ μὴ ἔσται σοι τοῦτο.
【                
  [  u   mi   este   si   tuto  ]

Mt.16:23.〈練語版〉 しかし、彼は振り向いてペテロに言った。「わたしの後ろに下がれ、サタンよ。あなたはわたしをつまずかせるものです。あなたは神のことではなく、人々のことを考えているからです」。
Mt.16:23.〈逐語版〉 その上で、振り向かせられることになっている、かのイエスは、ペテロに言うことになっていた。「わたしの後ろに、あなたが身を元へ導きなさい。サタンよ。あなたはわたしの罪の罠であるのです。なぜなら、神の事々をあなたは気にかけていません。逆に、人間たちの事々をあなたは気にかけています。」
Mt.16:23.〈Improved〉 But, being turned, he said to Peter, “Go away behind me, Satan. You are an offense to me, because you do not set your mind on the things of God, but the things of people.”
Mt.16:23.〈Ελληνική〉 ὁ δὲ στραφεὶς εἶπεν τῷ Πέτρῳ• Ὕπαγε ὀπίσω μου, Σατανᾶ• σκάνδαλον εἶ ἐμοῦ, ὅτι οὐ φρονεῖς τὰ τοῦ θεοῦ ἀλλὰ τὰ τῶν ἀνθρώπων.

   ὁ δὲ στραφεὶς εἶπεν τῷ Πέτρῳ •
【           ンヌ        
  [  o   ðe   strafis   ipen   to   petro  ]
   Ὕπαγε ὀπίσω μου,
【          
  [  ipaʝe   opiso   mu  ]
   Σατανᾶ •
【    
  [  satana  ]
   σκάνδαλον εἶ ἐμοῦ,
【  ンヌ        
  [  skanðalon   i   emu  ]
   ὅτι οὐ φρονεῖς τὰ τοῦ θεοῦ
【                   
  [  oti   u   fronis   ta   tu   θeu  ]
   ἀλλὰ τὰ τῶν ἀνθρώπων.
【        ンヌ   ンヌ  
  [  ala   ta   ton   anθropon  ]

Mt.16:24.〈練語版〉 その時、イエスは自分の弟子たちに言った。「誰でもわたしの後ろに来たいと思うなら、自分を拒み、自分の十字架を取り上げて、わたしについて来なさい。
Mt.16:24.〈逐語版〉 そのとき、イエスは、かのイエスの学習弟子たちに言うことになっていた。「もしもわたしの後ろに来ることになっていることを誰かが望んでいるのならば、かの者が自分を自分自身でわざわざ放棄しなさいとなっています。そして、かの者が、かの者の十字架を持ち上げなさいとなっています。そして、かの者はわたしについて来なさい。
Mt.16:24.〈Improved〉 Then Jesus said to his disciples, “If anyone wants to come after me, let him deny himself and pick up his cross and follow me.
Mt.16:24.〈Ελληνική〉 Τότε ὁ Ἰησοῦς εἶπεν τοῖς μαθηταῖς αὐτοῦ• Εἴ τις θέλει ὀπίσω μου ἐλθεῖν, ἀπαρνησάσθω ἑαυτὸν καὶ ἀράτω τὸν σταυρὸν αὐτοῦ καὶ ἀκολουθείτω μοι.

   Τότε ὁ Ἰησοῦς εἶπεν
【           ンヌ  
  [  tote   o   iisus   ipen  ]
   τοῖς μαθηταῖς αὐτοῦ •
【          
  [  tis   maθites   aftu  ]
   Εἴ τις θέλει ὀπίσω μου ἐλθεῖν,
【                 ンヌ  
  [  i   tis   θeli   opiso   mu   elθin  ]
   ἀπαρνησάσθω ἑαυτὸν
【  ウル   ンヌ  
  [  aparnisasθo   eafton  ]
   καὶ ἀράτω τὸν σταυρὸν αὐτοῦ
【        ンヌ   ンヌ     
  [  ke   arato   ton   stavron   aftu  ]
   καὶ ἀκολουθείτω μοι.
【          
  [  ke   akoluθito   mi  ]

Mt.16:25.〈練語版〉 自分の魂を救いたいと思う者はそれを滅ぼし、わたしのために自分の魂を滅ぼす者は、それを見いだすからです。
Mt.16:25.〈逐語版〉 もしも一度でも、かの者の魂を救うことになっていることを望もうとする者は誰でも、かの者は、かの魂を滅ぼすこととするのですから。その上で、一度でも、わたしのゆえに、かの者の魂を滅ぼそうとすることになっている者は誰でも、かの者は、かの魂を見つけることとするのですから。
Mt.16:25.〈Improved〉 For whoever may want to save his soul will destroy it, but whoever may destroy his soul on account of me will find it.
Mt.16:25.〈Ελληνική〉 ὃς γὰρ ἐὰν θέλῃ τὴν ψυχὴν αὐτοῦ σῶσαι ἀπολέσει αὐτήν• ὃς δʼ ἂν ἀπολέσῃ τὴν ψυχὴν αὐτοῦ ἕνεκεν ἐμοῦ εὑρήσει αὐτήν.

   ὃς γὰρ ἐὰν
【     ウル   ンヌ  
  [  os   ɣar   ean  ]
   θέλῃ τὴν ψυχὴν αὐτοῦ σῶσαι
【     ンヌ   ンヌ        
  [  θeli   tin   psiçin   aftu   sose  ]
   ἀπολέσει αὐτήν •
【     ンヌ  
  [  apolesi   aftin  ]
   ὃς δʼ ἂν
【        ンヌ  
  [  os   ð   an  ]
   ἀπολέσῃ τὴν ψυχὴν αὐτοῦ
【     ンヌ   ンヌ     
  [  apolesi   tin   psiçin   aftu  ]
   ἕνεκεν ἐμοῦ
【  ンヌ     
  [  eneken   emu  ]
   εὑρήσει αὐτήν.
【     ンヌ  
  [  evrisi   aftin  ]

Mt.16:26.〈練語版〉 というのは、人が全世界をもうけても、自分の魂を損したら、何の益になるだろうか。人は自分の魂と引き換えに何を与えるだろうか。
Mt.16:26.〈逐語版〉 人間は何かを利益として与えられることとするのですから。もしも一度でも、かの人間がまるごとの世界システムを獲得しようとすることになっているのならば。その上で、かの人間の魂を、かの人間が損失させられようとすることになっています。あるいは、何かを、かの人間の魂の引き換えを、人間が与えることとします。
Mt.16:26.〈Improved〉 For what will a person be benefited if he should gain the whole world but forfeit his soul? Or what will a person give in exchange for his soul?
Mt.16:26.〈Ελληνική〉 τί γὰρ ὠφεληθήσεται ἄνθρωπος ἐὰν τὸν κόσμον ὅλον κερδήσῃ τὴν δὲ ψυχὴν αὐτοῦ ζημιωθῇ; ἢ τί δώσει ἄνθρωπος ἀντάλλαγμα τῆς ψυχῆς αὐτοῦ;

   τί γὰρ ὠφεληθήσεται ἄνθρωπος
【     ウル        
  [  ti   ɣar   ofeliθisete   anθropos  ]
   ἐὰν τὸν κόσμον ὅλον κερδήσῃ
【  ンヌ   ンヌ   ンヌ   ンヌ   ウル  
  [  ean   ton   kozmon   olon   kerðisi  ]
   τὴν δὲ ψυχὴν αὐτοῦ ζημιωθῇ;
【  ンヌ      ンヌ        
  [  tin   ðe   psiçin   aftu   zimioθi  ]
   ἢ τί δώσει ἄνθρωπος
【             
  [  i   ti   ðosi   anθropos  ]
   ἀντάλλαγμα τῆς ψυχῆς αὐτοῦ;
【             
  [  andalaɣma   tis   psiçis   aftu  ]

Mt.16:27.〈練語版〉 人の息子は彼の父の栄光のうちに、彼の使いの者たちと共に来るが、その時には、彼はそれぞれにその行ないに応じて報いるかれです。
Mt.16:27.〈逐語版〉 人間の息子は、かの人間の息子の御父の栄光の中で、かの人間の息子の使いたちと共に、わざわざ来させられることを、もうすぐするのですから。そして、そのとき、それぞれの者に、かのそれぞれの者の実践に応じて、人間の息子は報いることとします。
Mt.16:27.〈Improved〉 For the Son of Man is going to come in the glory of his Father with his messengers, and then he will pay to each according to his practice.
Mt.16:27.〈Ελληνική〉 μέλλει γὰρ ὁ υἱὸς τοῦ ἀνθρώπου ἔρχεσθαι ἐν τῇ δόξῃ τοῦ πατρὸς αὐτοῦ μετὰ τῶν ἀγγέλων αὐτοῦ, καὶ τότε ἀποδώσει ἑκάστῳ κατὰ τὴν πρᾶξιν αὐτοῦ.

   μέλλει γὰρ ὁ υἱὸς τοῦ ἀνθρώπου
【     ウル              
  [  meli   ɣar   o   ios   tu   anθropu  ]
   ἔρχεσθαι
【  ウル  
  [  erçesθe  ]
   ἐν τῇ δόξῃ τοῦ πατρὸς αὐτοῦ
【  ンヌ                 
  [  en   ti   ðoksi   tu   patros   aftu  ]
   μετὰ τῶν ἀγγέλων αὐτοῦ,
【     ンヌ   ンヌ     
  [  meta   ton   gelon   aftu  ]
   καὶ τότε ἀποδώσει ἑκάστῳ
【             
  [  ke   tote   apoðosi   ekasto  ]
   κατὰ τὴν πρᾶξιν αὐτοῦ.
【     ンヌ   ンヌ     
  [  kata   tin   praksin   aftu  ]

Mt.16:28.〈練語版〉 まことをもって、わたしはあなたがたに言っておく。ここに立っている者たちの中には,人の息子が自分の王国の中で来るのを見るまでは決して死を味わわない者たちがいる」。
Mt.16:28.〈逐語版〉 まことをもって、あなたがたにわたしは言います。立っているままでずっといる者たちの誰かたちががここにいます。と。その者たちは、かの御父の王国の中でわざわざ来させられている人間の息子を一度でも見て取ろうとすることになっているまで、死の事を自分自身でわざわざ味わおうとすることに絶対になっていません。」
Mt.16:28.〈Improved〉 Amen, I say to you that there are some of those standing here who should by no means taste death until they should see the Son of Man coming in his kingdom.”
Mt.16:28.〈Ελληνική〉 ἀμὴν λέγω ὑμῖν ὅτι εἰσίν τινες τῶν ὧδε ἑστώτων οἵτινες οὐ μὴ γεύσωνται θανάτου ἕως ἂν ἴδωσιν τὸν υἱὸν τοῦ ἀνθρώπου ἐρχόμενον ἐν τῇ βασιλείᾳ αὐτοῦ.

   ἀμὴν λέγω ὑμῖν
【  ンヌ      ンヌ  
  [  amin   leɣo   imin  ]
   ὅτι εἰσίν τινες τῶν ὧδε ἑστώτων
【     ンヌ      ンヌ      ンヌ  
  [  oti   isin   tines   ton   oðe   estoton  ]
   οἵτινες οὐ μὴ γεύσωνται θανάτου
【                
  [  itines   u   mi   ʝefsonde   θanatu  ]
   ἕως ἂν ἴδωσιν
【     ンヌ   ンヌ  
  [  eos   an   iðosin  ]
   τὸν υἱὸν τοῦ ἀνθρώπου
【  ンヌ   ンヌ        
  [  ton   ion   tu   anθropu  ]
   ἐρχόμενον ἐν τῇ βασιλείᾳ αὐτοῦ.
【  ウルンヌ   ンヌ           
  [  erxomenon   en   ti   vasilia   aftu  ]