0.文献

※当サイトはロバートテリーと中根英登によって共同運営、共同翻訳されています。
 
ロバートテリーが個人で運営する、もうひとつの真理発見訳のバージョンです。
『Truth Discovery Version』
http://truthdiscoveryversion.com/
http://truthdiscoveryversion.com/
(ロバートテリーが翻訳しているもうひとつの真理発見訳のホームページ)
 
真理発見訳に関する翻訳の解説をこちらでしています。
『ことばつむぎ』
http://cotobatsumugi.com/
http://cotobatsumugi.com/
(中根英登が、ロバート・テリーと翻訳している真理発見訳について解説しているブログ)
 
 
本サイトのギリシア語新約聖書は、こちらを底本としてそのまま使用しています。詳細な研究に基づいた原典としての決定版です。
『 SBLGNT 』
http://sblgnt.com/download/
http://sblgnt.com/download/
(Logos Bible Software on a critically edited edition of the Greek New Testament published by the Society of Biblical Literature)
(聖書文献学会によって発表された本文校訂版ギリシア語新約聖書に基づくロゴス聖書ソフトウェア)
 
本サイトの新約聖書の翻訳はこちらを参考にしています。徹底的にギリシア語の原義のままの逐語英語訳ですから、本来の意味が誠実に理解できます。
『 Interlinear Scripture Analyzer 』
http://www.scripture4all.org/
http://www.scripture4all.org/
(Greek and Hebrew interlinear Bible search software with parallel translations based on researches by Robert Young and Adolph Ernst Knoch)
(ロバート・ヤングやアドルフ・エルンスト・ノックの研究に基づいた並列訳文を伴うギリシア語とヘブライ語の逐語訳聖書の検索ソフトウエア)
 
正しい訳にたどりつく根拠としてギリシア語各単語の文法素性を確認するのにこちらのソフトは欠かせません。あらゆる国々の聖書の入手もこちらで。
『 The Word 』
http://www.theword.net/
http://www.theword.net/
(software on all Bible studies including Mickelson’s Enhanced Strong’s Greek and Hebrew Dictionaries and Robinson’s Morphological Analysis Codes)
(ミケルソン版ストロング希英来英辞典やロビンソン形態素解析コードを含むあらゆる聖書学習のソフトウエア)
 
ギリシア語各単語の文法素性の一括検索にこちらのサイトが大変役立ちました。お薦めはLXX_WHです。
『 Study Bible 』
http://studybible.info/compare/Matthew%201:01
http://studybible.info/compare/Matthew%201:01
(a Bible study website where you can compare various translations if you paste this address)
(このアドレスをペーストすると、様々な翻訳を比較することができる聖書学習ウェブサイト)
 
新約聖書すべての単語ごとのギリシア語の活用形が掲載されている書籍辞書はこれです。
『Analytical Lexicon of the Greek New Testament』
http://www.amazon.co.jp/dp/1412056543
http://www.amazon.co.jp/dp/1412056543
(a dictionary providing you with a grammatical analysis of all words found in the Greek text, including a complete lexicon with meanings and definitions)
(意味や定義を持つ完全な語彙を含む、ギリシャ語のテキストで見つかった全単語の文法的分析を提供する辞書)
 
ヨハネ福音書第1章第1節を英語に翻訳するのにも、これだけの幅があります。
『 Gospel of John 1:1 from 196 Bible Translations in English 』
http://www.net-comber.com/john-1-1.html
http://www.net-comber.com/john-1-1.html
(a table of the possible range on John 1:1)
(ヨハネ1:1に関する可能な範囲の表)
 
単語の多義性を尊重した大変に誠実な新約聖書の英訳です。
『 Jonathan Mitchell’s New Testament Translation 』
http://greater-emmanuel.org/jmt/
http://greater-emmanuel.org/jmt/
(English New Testament translated by Jonathan Mitchell who solved problems of ambiguity in Greek words)
(ギリシア語の単語の多義性の問題を解決したジョナサン・ミッチェルによって翻訳された英語新約聖書)
 
日本人によるギリシア語新約聖書の文法研究の金字塔です。
『新約聖書のギリシア語文法』
http://www.jbible.net/jcbr/Jcbr_OdaGrM.htm http://www.amazon.co.jp/dp/4902211009
http://www.jbible.net/jcbr/Jcbr_OdaGrM.htm http://www.amazon.co.jp/dp/4902211009
(the whole field of grammar on the Greek New Testament devotedly written in Japanese by Oda Akira on 992 pages in three separate volumes)
(織田昭による3分冊992頁の大著であり、新約聖書のギリシア語文法の全ての分野を網羅)
 
本サイト内には発音表記のページもありますので、照らし合わせの上、ご確認ください。
『「新約聖書」のコイネー・ギリシャ語の原文を,MatthewからRevelationまで朗読しているYoutube動画』
http://tagengo-gakushuu.hatenablog.jp/entry/20140717/p5
http://tagengo-gakushuu.hatenablog.jp/entry/20140717/p5
(readings in The Greek New Testament using Modern Greek pronunciation)
(現代ギリシャ語の発音方法を使った新約聖書の朗読)
 
文語高低ピッチ式、いわゆるエラスムス式ギリシア語発音朗読の参照は、こちらが便利です。
『 LetsReadGreek 』
http://www.letsreadgreek.com/resources/greekntaudio.htm
http://www.letsreadgreek.com/resources/greekntaudio.htm
(Greek New Testament Audio Recordings including the Erasmian system widely taught in academia)
(大学で広く教えられているエラスムス方式を含むギリシア語新約聖書録音)